通信講座No.5「歯科助手」

歯科助手さんは、歯医者さんの顔とも言える仕事だと思います。

 

仕事内容

・治療で使用した器具の洗浄・滅菌

 

 

・治療の準備、治療する先生が患者さんをスムーズに治療ができるようにする

 

 

・患者さんを席までご案内、年配の方がいたら、歩行の補助なども

 

 

・先生のアシスタント、器具の受け渡しだったり、バキュームを当てたり

 

 

・受付、受付で患者さんの初診や再診の手続き、次回の予約や、予約の変更の手続き

 

 

・保険証を確認して診察券を発行、診察、治療が終わった患者さんへの医療費の計算、処方された薬の飲み方や注意事項の説明、フッ素など塗った(治療後の過ごし方)時の注意事項の説明

 

 

・医院内の清掃、備品の発注・在庫管理や整理整頓

 

 

歯科助手として働く上でのメリット

・正社員かパートかの選択が可能(自分の時間に合わせ勤務できる)
・いったん資格を取得し就職後、転勤などで離職した場合でも再就職しやすい。
・転勤やノルマがないので、長く勤められる
・ほぼ残業がない
・歯科の知識がつく

 

デメリット

・縁の下の力持ち!先生や歯科衛生士さんのサポートから患者さんのサポートまでして、なおかつ自分の仕事をしないといけないので業務が多い。覚えることも多い
・基本女性が多い職場になりますので、揉め事も多少あるかと思います。
・清潔をたもつ場所なので、おしゃれをする場所ではありません。髪の毛のカラーはもちろん、後ろでみだれないように結ぶ、前髪もピンで止める、マニキュアも禁止。もちろんつめも短く衛生的に。きちんと守らないといけないので、ルーズな人には不向きかもしれません。
・白衣やシューズの汚れはNG、もちろん、白衣やシューズはつねに綺麗に。シミが残らないようにすぐ洗ったり、シワにならないようにアイロンかけるなど、綺麗好きではないとストレスになります(^^;

 

歯科助手の給料

あくまでも参考程度ですが、正社員だと15万〜20万ほどが相場のようです。パート・アルバイトは時給900円〜1,000円くらいが相場のようです。

 

人間が生きるうえで欠かせない食事を美味しく食べるには、歯が大切。自分の家族に歯に関する知識をフルで活用できそうです。

 

特にお子さんいる家庭では、乳歯の時から虫歯のない歯にしていれば、大人の歯になっても虫歯ができにくくなります。そんな歯の知識が得られる歯科助手の仕事はとても魅力を感じます。

 

先生や衛生士さん、患者さんとの板バサミにもなりそうですが(笑)、人と接する事が好きな方には素敵なお仕事になると思います。

 

まずは無料の資料請求

歯科助手 資料請求

 

 

 

>>妊娠中資格 ランキング TOP